交通事故は弁護士に相談
  
www.win-hec.org




交通事故被害
弁護士に相談

後遺障害、休業損害、逸失利益



交通事故の被害者のための情報をご紹介しています
加害者の保険会社は言わばプロです。理論武装をし、弁護士を味方に付け、正当な権利を主張しましょう。
交通事故弁護士メニュー1
ケース:もしも煽り運転されたら 対処するには
交通事故弁護士メニュー2
いろいろな補償について【人身傷害保険】
 
記事の掲載予定について
 
今後の更新予定

・交通事故による脳外傷、高次脳機能障害
・肋骨骨折による後遺障害で逸失利益が否定されるケース
・顔面の醜状障害で逸失利益が否定されたケース
 

2010/07/02

交通事故 弁護士



2017/5/01
【単独事故(交通事故)】単独事故ってそのあとどうすればいいの?
 例えばコンビニに突っ込んだり、電信柱に車をぶつけたり、ガードレールに衝突したりするという単独事故を起こした場合、警察には連絡をしなくて良いと考える人もいるでしょう。
警察に連絡をすると、点数が加算されるのではないか、罰金が必要なのではないかと不安になってしまう人は少なくありませんが、建造物損壊等でなければ、点数が加算される事はありません。
点数に加算される事がないのであれば、警察を呼ばなくても良いのではないかと考えてしまう人もいますが、後日、連絡をするよりも事故を起こした時点で連絡をしておく方が、余計な疑いをかけられないで済む事になります。
連絡が遅くなれば、飲酒運転を誤魔化そうとしているのではないか等の、余計な疑いをかけられる可能性が出てくるのに対し、その場で連絡をしておけば、すぐに手続きが終わる事になります。
物損事故の場合、賠償請求を受ける可能性が出てきます。


 この時、警察への届け出が終わっていれば、保険会社がすぐに対応してくれる事になります。
警察に届け出をしていない状態であれば、保険会社がすぐに動けない状態になってしまいます。
ですから、保険について考えた場合も、事故を起こしてしまったらすぐに警察に連絡をしておく事がおすすめです。
ただ、自宅の車庫で車をぶつけてしまい、車の修理には保険を使わないという場合等は、連絡をしないという選択をする人もいます。
保険を使って修理をしたいと考えるのであれば、届け出をしておく事で、保険会社がスムーズに対応をしてくれる事になりますが、保険を使えばこれから先の保険料が上がるという事も多い為、保険を使わず修理をするという人も少なくありません。
修理の金額によっては保険を使いたいというのであれば、自宅での事故でも警察に連絡をしておく事がおすすめです。

もしも不運なことに、交通事故の被害にあったら。


交通事故は、日本ではよく起きてしまう事故のひとつです。 交通事故に遭遇した場合、突然のことに冷静な判断ができない人も多いです。 交通事故の現場では、すぐやった方が良いこと、やってはいけないことが複数あります。 警察への連絡や、現場の状況、怪我の程度のチェックは、すぐにやった方がいいことです。 一方、交通事故の直後に示談をすることは避けた方がいいのです。 示談とは、交通事故が発生した時に、当事者同士で損害賠償額を確定させることです。 交通事故が発生すると、加害者側から示談金の提示があります。 そして、示談金の額に不服である場合は、裁判になり、長いケースでは何年も裁判が続くこともあります。 裁判が長引くと、裁判費用が高くなってしまうので、交通事故は示談で解決されることが多いのです。 示談は、原則としてやり直しができません。 事故原因には、様々な要素があるので、事故の全容が明らかになるまでは、示談は行わないようにすることが大事なのです。 交通事故で、自分に過失があったという念書を書く人がいますが、念書を書かないことは、とても大事です。 念書は、後で証拠となります。 ですから、軽い気持ちで書いてしまうと、取り返しのつかない結果になってしまうケースもあるのです。 また、必要以上に謝罪をするのも問題です。 過失があったと相手が思うような発言は慎むようにします。 交通事故は、相手にも過失がある場合が多いので、示談交渉で揉める原因となることは極力避けることが大事なのです。 最近は、交通事故に詳しい弁護士などに相談する人も増えています。 特に弁護士は法律の専門家なので、様々なアドバイスを貰うことができ、心強い味方となってくれます。 交通事故弁護士などの弁護士事務所では、事前に無料相談を受け付けている事務所もあります。丁寧に相談に乗ってくれる無料相談は、とても人気が高く、利用者が多いです。




交通事故 思い込みでの運転が危険
交通事故というと、無謀な運転をすることが原因で起こると思っている人もいるかもしれません。確かに、飲酒運転や居眠り運転、無免許運転、スピードの出し過ぎなどは、事前に避けられるべき事故といえるでしょう。
しかし、実は交通事故の原因はそれだけではありません。むしろ、思い込みでの運転によるものが意外と多いのが現実です。
 



たとえば、普段人通りがほとんどない道路を運転しているという場合、まさか誰かがいきなり飛び出してくるなど思いもしないこともあるでしょう。しかし、その日に限って、曲がり角から不意に誰かが出てくるかもしれません。その結果、前方不注意による事故が起きることがあります。また、天候によって、道路状況が大きく変わることがあります。大雨であれば滑りやすくブレーキが利きにくくなり、氷点下になれば凍結していることもあるでしょう。それを考慮せず、普段通りのペースで運転をしていると事故が起こることもあるものです。
交通事故を起こすのは、普段からいい加減で危なっかしい若者だけとは限りません。運転スキルが非常に高く、ゴールド免許を発行されている人が、いきなり交通事故を起こしてしまったという例は数えきれないほどあります。ほかの犯罪と異なり、交通事故の加害者になる可能性はすべての運転手に平等にあります。今まで無事故無違反できているから大丈夫、という保証はどこにもないともいえるでしょう。
ですので、いつもこうだからなど過信せず、運転中は常に意識を張り巡らせておくことが大事です。毎日気持ちを引き締めて、「もしかしたら…」と周囲に気を配り、用心しながらハンドルを握るようにしていれば、防げる事故もあるかもしれません。

交通事故休業損害と弁護士

休業損害を保険会社が出さない?!
色々な理由をつけて損保会社が休業損害の支払いを拒んでくる場合があります。
ほかにも、治療費は出すけど、逸失利益はあまり出せない、と言われることも。
交通事故被害者が初めての交通事故損害賠償で、法的に正当に受け取れる権利やその程度を知らないことを良いことに、うまく丸めこめられる場合が多いです。

交通事故 弁護士
交通事故に詳しい弁護士
【被害者のために】後遺障害診断書の書き方にもコツがあります。交通事故に詳しい弁護士であればアドバイスを受けることが可能です。

耳が事故の後に聞こえにくくなった場合も、交通事故の後遺障害として評価されて補償を受けることができる場合があります。

視力傷害や味覚障害も後遺障害として考えられる場合があります。きちんと病院で検査をしてもらいましょう。


交通事故休業損害などの算定の基礎
取締役など会社役員の休業損害や後遺障害逸失利益などでも算定の根拠などで争いが起こりがちです。
もし算定の基礎となる収入について争いが起きたら、交通事故被害者専門の交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

交通事故は弁護士に相談 
コンテンツ:メニュー
☆もしも煽り運転されたら 対処するにはケース:もしも煽り運転されたら 対処するには
☆いろいろな補償 人身傷害保険いろいろな補償について【人身傷害保険】

交通事故被害は弁護士に相談
交通事故に強い弁護士が交通事故被害者の未来を変える。被害者請求、後遺障害診断書、逸失利益など

オススメ
被害者側専門の交通事故弁護士