もしも煽り運転されたら。対処するには
  
www.win-hec.org




もしも煽り運転されたら
煽り運転、交通事故



交通事故の被害者のための情報をご紹介しています
加害者の保険会社は言わばプロです。理論武装をし、弁護士を味方に付け、正当な権利を主張しましょう。
交通事故弁護士メニュー1
ケース:もしも煽り運転されたら 対処するには
交通事故弁護士メニュー2
いろいろな補償について【人身傷害保険】
 
記事の掲載予定について
 
今後の更新予定

・交通事故による脳外傷、高次脳機能障害
・肋骨骨折による後遺障害で逸失利益が否定されるケース
・顔面の醜状障害で逸失利益が否定されたケース
 

2010/07/02

交通事故 弁護士


もしも不運なことに、交通事故の被害にあったら。


 車を運転中に他車から煽られたという経験をしている人もいるかもしれません。車間距離を異常に縮めてきたり、わざと真横に並んで運転したり。中には、面白がって、ジグザグなどの危険な運転をするような人もいるものです。そういうことをされると、気が散ってしまうでしょう。そのせいで、うっかり運転ミスをして、大きな事故を起こしてしまうこともあるかもしれません。 もし煽り運転をされたという場合には、どのように対処するのがよいのでしょうか?
一番重要なのは、自分の運転に集中することです。相手の挑発に乗らず、完全に無視して、まっすぐ前だけを見て安全運転をするということです。さらに、ビデオ撮影するのも効果的です。自分の行為が録画されていると知ると、相手がひるむこともあります。ただ、運転しながら同時にビデオ撮影をするのは大変危険ですので、同乗者がいるときにのみ有効です。さらに、あからさまに撮影していると、相手を興奮させてしまう恐れがあります。相手が凶暴なタイプですと、さらに状況が悪化する恐れもあります。ですので、くれぐれも注意が必要です。
煽られると、激しい怒りが湧いてくることもあるでしょう。あるいは、恐怖で震えてしまうこともあるかもしれません。しかし、何があっても、自分の運転に集中することが大切です。それに、問題を解決するよりも、事故を起こさないことが重要です。ですので、できれば、いったん道をそれて、どこかに避難することも考えるようにしてください。遠回りになってしまうかもしれませんが、つまらない事故に巻き込まれるよりはましなはずです。そして、ほとぼりが冷めてから、改めて目的地に向かうようにするのが賢明でしょう。

交通事故は弁護士に相談 
コンテンツ:メニュー
交通事故は弁護士に相談|交通事故に強い弁護士が交通事故被害者の未来を変える交通事故は弁護士に相談|交通事故に強い弁護士が交通事故被害者の未来を変える
☆いろいろな補償 人身傷害保険いろいろな補償について【人身傷害保険】

交通事故被害は弁護士に相談
交通事故に強い弁護士が交通事故被害者の未来を変える。被害者請求、後遺障害診断書、逸失利益など

オススメ
被害者側専門の交通事故弁護士